こんにちは。エレファントTV事務局の井上です!

1次診療でできる外科手術を増やしたい、そう思ったことはありませんか?

そんな先生の皆さまに今回は「会陰尿道造瘻術」の動画を紹介いたします!

講師はくすの木動物病院の藤井 聖久先生。実際の雑種猫の症例をもとに手早く、クリーンに施術するポイントを解説していただきました!

1.施術前の下準備、術野の確保(0:47〜2:46)

Point!本術式では術野の確保が重要となるため、皮膚を開くようにして縫合糸で固定し、さらに鉗子をかけて術野を広く確保します。

2.カテーテルの挿入(2:46~4:32)

Point! カテーテルを挿入することにより

・尿道および尿道粘膜の位置の把握がしやすくなる

・陰茎がまっすぐになるため手術がおこないやすくなる

3. 周囲の組織の切除陰茎の遊離

Point! 指で確認しながら固い部位はバイポーラで切除していく



4. 尿道切開、縫合(13:54〜23:05)

Point! 縫合時は尿道粘膜と粘膜周囲の膜を判別し、粘膜と皮膚を確実に縫合していく

こちらの動画はVETS CHANNELでご覧いただけます!

https://e-lephant.tv/vets-ch/vetspay/1000769/

是非ご覧ください!