こんにちは。エレファントTV事務局の井上です!

今回紹介する動画は「大腿骨頭骨頸切除術」です!

講師はくすの木動物病院の藤井 聖久先生。

必ずしも解剖図どおりではない筋肉走行の実態を模型を使って説明しながら、無駄な切除の少ない効率的なアプローチ法をトイ・プードルと狆の症例をもとに紹介していただきました!

1.大腿骨頭骨頸切除① 手術概要の説明(0:00~4:20)

Point! 股関節形成不全に対する治療は若齢期と成犬で異なる。

2.大腿骨頭骨頸切除② 頭外側へのアプローチ、股関節周囲筋肉の剥離(4:20~13:45)

Point! 浅臀筋は脂肪に埋まって見えない。切開、露出させてランドマークにする。

Point! 骨頭を切除するときは、骨をしっかりと露出してアプローチすると失敗が少ない。

3.骨切りラインの説明、転子窩の処理、切開線の決定、切除(13:45~26:24)

Point! 小転子の切除、温存に差異はない。骨頸部をきれいに切除することを重要視する。

Point! 膝蓋骨が上に向くように徒手でしっかりと保定、安定化させる。

Point! サージカルソーはやや微側に当てると綺麗に切除できる。

4.大腿骨骨頭骨頸切除③ トイ・プードルの症例(0:00~20:27)

Point! 深臀筋を切る際は縫い代を残す。断端に糸をかけてランドマークにする。

Point! 切除後の関節包を縫うことによって骨同士が干渉せず、術後の痛みを軽減できる。

5.狆の症例(20:27~30:23)

Point! 深臀筋の幅が広い場合は、L字型に切除するだけで股関節にアプローチできる。

6.術後管理(30:23~34:00)

Point! 回復に半年以上かかったり、機能回復しない場合もある。症例の状態を見極めて予測する。

こちらの動画はVETS CHANNELでご覧いただけます!

大腿骨頭骨頸切除 ① 【大腿骨頭骨頸切除術の概要】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

大腿骨頭骨頸切除 ② 【大腿骨頭へのアプローチ/骨…|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

大腿骨頭骨頸切除 ③ 【手術の実際】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

ぜひご覧ください!